鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

ごあいさつ

東多賀の湯は、宮城県・鳴子温泉卿にある温泉宿です。
当館の温泉は、自家源泉。温度調節をせず、そのままのお湯を提供しております。
温泉の濃度が濃く、"温泉力No.1"を自負しております。
また若旦那手作りのお料理は、農家ならではの新鮮な旬野菜が並びます。
温泉街散策や湯めぐりを楽しんでもよし、お部屋でごろごろしながら温泉三昧するのもよし。
のんびりゆったり、心もやすらぐ温泉旅をお楽しみください。

おすすめプラン

お得な宿泊プラン

face book

face book
東多賀の湯 blog

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

乳白色の天然温泉

乳白色の温泉は、湧き出る湯口から一旦枡に貯め、硫化水素ガスのガス抜きをして湯船に入れています。
加水、加温はせず「自然に湧き出た源泉をそのまま」にこだわっています。
なめらかな肌ざわりのやわらかいお湯は天然温泉100%です。
本物の温泉をお楽しみ頂けます。

※金属部分が温泉成分で腐食してしまう為、シャワー等の設備はございません。ご了承下さい。
※アクセサリー類はお風呂に持ち込むと腐食・変色の恐れがあります。お気をつけ下さい。

  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ
  • 天然温泉イメージ

温泉紹介

源泉名 東多賀の湯1号泉
温度 50.2℃(気温26.4℃)
温泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素温泉(硫化水素型) (旧泉質名  含土類重曹-芒硝硫化水素泉)
pH 5.9(湧出地)  6.0(分析室)
効能 【一般的適応症】
神経痛、関節痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、 冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進
【泉質別適応症】
慢性皮膚病(湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎)、きりきず、 動脈硬化症、糖尿病、高血圧症、慢性婦人病、やけど

日帰り入浴

利用時間 10:00 - 15:00
利用金額 大人 500円 小人 300円

ミネラルウォーター玉鳴号

紅葉で有名な鳴子峡の上流地下1,000Mから湧き出た天然の温泉(泉質は単純温泉、弱アルカリ高温泉)を原料に超清浄な環境のクリーンルームでボトリングしました。
まろやかなのど越しで、まったく癖のないナチュラルミネラルウォーターです。
体の中から改善していこうと、糖尿病を患っているお客様のご評判が大変よいです。 館内で販売しております。

まろやかなのど越しで、まったく癖のないナチュラルミネラルウォーターです。

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

季節の素材にこだわった、手作り料理

春は山菜、秋はきのこ…。そして一年を通して採れる新鮮野菜。
季節ごとの旬食材を活かした、手作り料理をお楽しみください。

  • 旬の食材を活かした手作り料理
  • 旬の食材を活かした手作り料理
  • 旬の食材を活かした手作り料理
  • 旬の食材を活かした手作り料理
  • 旬の食材を活かした手作り料理
  • 旬の食材を活かした手作り料理

※画像は一例です。季節・天候によりお料理の内容が変わります。

こだわりのお米「ゆきむすび」

使用するお米は、自家の田んぼで穫れた、鳴子のおいしいブランド米・ゆきむすび。
山間地で気温が低い鳴子だから育つお米です。
うるち米ともち米の中間くらいの粘りを持った米です。冷めてもおいしく、甘みがあるのが特徴。
炊き立てはもちろん、おにぎりにしても変わらないおいしさがあるお米です。

炊き立てはもちろん、おにぎりにしても変わらないおいしさがあるお米です。

地酒そろってます

温泉水の玉鳴号で仕込んだ地酒などをご用意しております。
ゆきむすびを原料として造られた地ビールや冷酒などもございます。

田んぼアート

  • 田んぼアート一例
  • 田んぼアート一例
  • 田んぼアート一例

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

客室

落ち着いた和室のお部屋です。
全室キッチン付で、長期滞在にも対応。自由にご利用いただけます。
冬はこたつで、ほんわか気分でお過ごしください。

落ち着いた和室

共同スペース

電子レンジ、オーブントースター、魚焼きグリル、炊飯器がございます。
食器棚には色々な食器や調理器具がそろい貸し出しは無料です。
湯治での長期滞在にご利用下さい。
洗濯機、乾燥機も常備しております。

洗濯機、乾燥機も常備しております。
  • 共同スペース
  • 共同スペース
  • 共同スペース

施設概要

■客室(キッチン付):8室
■収容人数:24名
■食事処
■無料駐車場完備:8台
■冷暖房完備
※館内禁煙

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

基本宿泊料金

平日 休前日 お正月・
お盆・連休
朝・夕
1泊2食付
8,500円~ 9,500円~ 10,000円~
1泊朝食付 6,500円~ 7,500円~
1泊素泊まり 4,500円~ 5,500円~ 6,000円~

※長期滞在をご希望される方はお電話にてご相談ください

◎上記料金は、消費税込み・入湯税別の料金です。別途入湯税がかかります(お1人様/150円)
◎季節により、冷・暖房費としてお1人様につき別途600円かかります
◎チェックイン 15:00、チェックアウト 10:00(滞在の方はこの限りではありません)

オンライン予約はこちら

お得な宿泊プラン

キャンセル規定

無断不泊 宿泊料の100%
当日 宿泊料の100%
前日 宿泊料の50%
6-2日前 宿泊料の30%
7日前 宿泊料の20%

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

アクセス

車でのルート

車でのルート
東北自動車道・古川I.C.から47号線で35分
ルートその2
山形から尾花沢経由2時間

JARTIC 日本道路交通情報センター

電車でのルート

東京-古川:
東北新幹線/2時間20分
盛岡-古川:
東北新幹線/1時間
古川-鳴子:
陸羽東線45分

周辺観光スポット

鳴子峡 鳴子温泉

鳴子峡 鳴子温泉

文治元年義経が奥州に難を避けた時、北の方が出産の際に川原に湧出する温泉を産湯に使い、初めて産声をあげたことが鳴子温泉の命名の由来です。
鳴子温泉では姥の湯と共に最も古い温泉の滝の湯(公衆浴場)の裏手に鳴子の碑があります。

鬼首・間欠泉

鬼首・間欠泉

東北有数の湯処・鬼首は間歇泉が多いことで知られていますが、 なかでもここでは、国内最大級のスケールの湯柱を見ることができます。
約20分ごとに轟音と共に100度を超える熱湯が噴出。
湯柱が約15mもの高さまで吹き上がる様子は、迫力満点でビックリ。
敷地内には食堂などの施設もあります(12月~翌3月除く)。

鳴子ダム

鳴子ダム

江合川は、その上流を通称、荒雄川と呼ばれています。
その源は荒雄岳(標高984m)に発し、宮城県の穀倉地帯である大崎平野を貫流して、旧北上川に合流する、流路延長89km、流域面積577.0km2の一級河川です。
ダム流域面積は210.1km2で、そのほとんどが栗駒国定公園に入っており、約90%が森林面積で占めています。
このうち自然林が70%、人工林が30%の割合となっています。
また、流域内には、間歇泉、片山地獄、雄釜、雌釜などを含む温泉湧出のほか、全国でも数少ない天然蒸気を使って発電する鬼首地熱発電所があります。
さらに外輪山を活用して開発された雄大なスキー場もあり、新緑から夏は高原の涼、秋は鳴子峡の紅葉を含め、年間を通じて楽しめる観光地となっています。

地熱発電所

地熱発電所

発電所に隣接した「鬼首展示館"地熱の小さな博物館"」では、地熱発電のしくみと発電所を作った電源開発について紹介しています。
クリーンな自然エネルギー"地熱"を知っていただくために、いろいろな展示物や映像を用意致しました。
「地熱内部の熱の旅」では、地球の内部を覗くことができます。
「地熱発電のしくみ」では、設置された数々の設備について、音声に連動して光る模型や、グラフィックパネルにより分かりやすく解説しています。
「アースシアター」では、電気エネルギーの妖精-豆電蔵・豆電子-が現れ地熱発電所や地熱エネルギーについてマジックビジョン方式により説明しています。
「鬼首の魅力に触れる」では、イラストマップや写真とともに設置されたスイッチに触れると音が流れ現地の雰囲気や情景を感じることができます。
耳で聞く観光案内といったところでしょうか。
この他にも、お楽しみ頂ける展示物を用意致しております。
豆電蔵・豆電子が皆様のお越しをお待ちしております。

こけし館

こけし館

童話作家でこけし研究家の深沢要氏のコレクションを中心に、東北各地の伝統こけし約5000点を展示。
こけし職人の制作実演や絵付け体験もできる(有料・10名以上要予約)。

足湯

足湯

鳴子温泉駅前に足湯ができました。
深さの違う檜製の浴槽が二つあります。
歩き疲れたら、ここにちょっと立ちり、疲れを癒しましょう。

潟沼

潟沼

鳴子の温泉街から南東へ約1.2km、胡桃ヶ岳の南側の斜面にあります。
潟沼は旧噴火口にできた沼(カルデラ湖)で、続日本記によれば仁明天皇の時代、
承和4年(837)の4月にこの地の火山活動の記載があり、それから推測し、1100年前に出現したと考えられています。
日本有数の酸性の沼で魚は生息していません。
沼に手を浸すとピリピリと酸性独自の感触があります。
沼の周囲には遊歩道が設けられ、約40分で一周することができます。
木々のトンネルやエメラルド色の沼の水面、そして硫黄を含んだ湯気の噴出が見られ、散策に適しています。

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

鳴子温泉 旅館  東多賀の湯

鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

メニューオンライン予約

乳白色の天然温泉